中国主流なネットショップ 中国ECサイト ランキング

今回は中国ECサイトを案内いたします。
ECサイトとは、自社または他社の商品やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のWEBサイトで販売するサイトのことでございます。

天猫 T-mall

リンク先:
http://www.tmall.com/

中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループのT-mallである。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場となりました。T-mallは7万以上の店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、相当の規模です。
T-mallはもともとはBtoCのタオバオ(淘宝網)の一部だったサイトを、2012年1月に「淘宝商城」から「天猫T-mall」に名称を変更し、ドメインを取得し、一新させたものです。

淘宝网 タオバオ

リンク先:
http://www.taobao.com/

淘宝網(タオバオワン)は、 2003年5月10日馬雲のB2BのプラットフォームAlibabaが4.5億元を投資し設立されたショッピングのWebサイト。当該ウェブサイトの記載は“アジア最大のショッピング サイト”と主張する。Alexaの統計によるとサイト訪問者数22位に世界ランキングされている。

京東商城

リンク先:
http://www.jd.com/

京東商城 (けいとうしょうじょうは、中国で360buyを経営していた劉強東が設立したWebサービス会社。中国北京市朝陽区に本社を置き、同社のECサイトである「JD.com」では、家電・PC・家具・衣類・食品・書籍などの商品をネット販売している。2014年にNASDAQに上場され、2015年現在中国国内の通販サイトのシェア56.3%を占めている

アマゾン中国

リンク先:
http://www.amazon.cn/

アマゾン中国(亚马逊中国)は北京を拠点とする中国のオンラインショッピングサイト。2004年にAmazon.comに買収された。
過去にJoyo.com(卓越ネットワーク)やJoyo Amazon(卓越アマゾン)という社名を使用していた。

当当网

リンク先:
http://www.dangdang.com/

もともと中国最大手のオンライン書店 当当網 (当当网)。
現在は、Amazonと同じく本以外の様々な商品も販売しており、かなり便利な総合通販サイトになっています。

唯品会

リンク先:
http://www.vip.com/

2008年に設立。ECサイトVIP.COMを運営。2010年には米国に進出し、2012年にNY証券取引所に上場(NYSE:VIPS)、2015年の総会員数1億人、総売上8,000億円を超える。中国国内においては、特に、女性向けのフラッシュセールスサイト※として最大規模のシェアを誇る。

国美電器

リンク先:
http://www.gome.com.cn/

国美電器(グオメイディエンチー簡:国美电器)は中国の家電小売販売会社で、中国では2番目の規模を誇る。北京、天津、上海、広州、深圳、長沙など、都市部に支社28社を設立し、数百の直営店があり、総店舗数は2006年で、587店舗(一般家電販売店舗:572店、デジタル家電販売店舗:13店、主力店:2店)である。

蘇寧易購

リンク先:
http://buyfy.jp/

中国最大手の家電量販チェーンである「蘇寧電器」が運営するECサイト。家電・デジタル関連商品が中心だが、書籍やファッションアイテムなども幅広く揃えている。

2017年中国ECシェア

PAGE TOP ↑