中国観光客 海外旅行ショッピング支出額は17%減

海外代行

中国観光客は小売店舗で爆買いしていたニュースがよく放送されていました。現在その熱はかなり冷めてきています。

アメリカのレポートによると、中国人は海外に旅行する2千人に行った2016年のアンケート調査によると、旅行先でのショッピングへの支出額は、平均6,705元(約1.2万円)となっており、2015年の8,050元より17%少なくなっていた。宿泊と観光に関する消費額は2015年の19,635元から2016年の20,317元(約3.3万円)まで、3.5%上昇しました。中国人観光客が海外でのショッピング支出額が減少した一方で、観光客の数と他の消費額は引き続き上昇しています。

このように消費習慣の変化は免税店に打撃を与えたが、エンターテイメント系の経営者にはチャンスである。この変化に影響を与えた重要な原因の1つは中国EC市場の著しい発展で、海外商品が中国市場に入りやすくなり、代行業者も増え、海外から直接輸入した商品でも最速1日で消費者に配達できるようになったからです。

世界観光機関のデータによると、2016年、中国観光客の海外での消費規模は2,610億ドル、世界の1/5を占め、2015年の2,498億ドルを超えた。しかし、海外でのショッピング支出額の総支出額に占める割合は2015年の44%から2016年の33%まで減少しています。

PAGE TOP ↑